一年ぶりに紋紙が敷かれました

この坊ちゃんカボチャの下に敷かれているいくつも穴の開いた紙、これは一体なんなのでしょう?
実はここ丹後地域は丹後ちりめんという織物の産地なのです。
そしてこの紙は紋紙といって織物の文様が厚紙と穴によって刻まれている、今でいうデータなのです。これが織機を通る事で正確に柄が織られていくのです。

丹後においてこの紋紙は昔から畑に敷きやすく、草を押さえ、後片付けが楽という事からカボチャの敷きものに使われる事が多くありました。
織る事のなくなったデザインの紋紙は使わなくなるのでそれをカボチャ農家がもらいにいくのですが、近年、織機のデジタル化に伴い、この紋紙も減ってきており”紋紙があれへんしけー今年はカボチャ作れんわ”というようなプロ農家の話も実際聞こえてきています。

丹後農場では1年ぶりにこの丹後ちりめんの紋紙を入手しました。
さっそく坊ちゃんかぼちゃに敷き、紋の穴に蔓を伸ばし元気にのびています。
坊ちゃんかぼちゃ自体に菊やら松などの文様は付きませんが、丹後の歴史と文化が織りなす坊ちゃんかぼちゃを楽しみにお待ちください。

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]