一年ぶりに紋紙が敷かれました

この坊ちゃんカボチャの下に敷かれているいくつも穴の開いた紙、これは一体なんなのでしょう?
実はここ丹後地域は丹後ちりめんという織物の産地なのです。
そしてこの紙は紋紙といって織物の文様が厚紙と穴によって刻まれている、今でいうデータなのです。これが織機を通る事で正確に柄が織られていくのです。

丹後においてこの紋紙は昔から畑に敷きやすく、草を押さえ、後片付けが楽という事からカボチャの敷きものに使われる事が多くありました。
織る事のなくなったデザインの紋紙は使わなくなるのでそれをカボチャ農家がもらいにいくのですが、近年、織機のデジタル化に伴い、この紋紙も減ってきており”紋紙があれへんしけー今年はカボチャ作れんわ”というようなプロ農家の話も実際聞こえてきています。

丹後農場では1年ぶりにこの丹後ちりめんの紋紙を入手しました。
さっそく坊ちゃんかぼちゃに敷き、紋の穴に蔓を伸ばし元気にのびています。
坊ちゃんかぼちゃ自体に菊やら松などの文様は付きませんが、丹後の歴史と文化が織りなす坊ちゃんかぼちゃを楽しみにお待ちください。

8月北海道農場の風景

いよいよスイートコーンの収獲も迫ってまいりま[続きを読む]

7月北海道農場の風景

7月の北海道農場ではようやく良い季節がやって[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では夏の定番野菜の出荷をはじめ[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では暑い中、賀茂茄子をはじめと[続きを読む]

6月六角農場の風景

6月の六角農場では賀茂茄子が徐々に実を大きく[続きを読む]

6月丹波農場の風景

6月の丹波農場ではズッキーニやエンサイの収穫[続きを読む]

6月前半丹後農場の風景

初めて栽培に挑戦したエゴマをはじめカラーピー[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場は今期終了間近のいちごの収穫や[続きを読む]

5月六角農場の風景

六角農場ではじゃがいもの花が咲き、バジルも地[続きを読む]

4月下旬丹波農場の風景

4月の丹波農場では施設でトマトが実り、来作の[続きを読む]