素材のおはなし

一寸豆

今から約4000年以上前、チグリス・ユーフラテス川流域で栽培されていたとされ、世界最古の農作物のひとつでもあります。日本では一般的に、そら豆の名で知られているこの豆は、奈良時代に、中国を経て日本へ渡来したとされています。

現在の日本では、九州から北海道まで全国的に栽培され、地域によっての料理法や収穫時期の違いなどから、おたふく豆や唐豆、大和豆など、さまざまな名前で呼ばれています。一寸豆とは、豆の大きさが一寸、3センチ程になることからきており、主に関西地方でそら豆の総称として呼ばれる名前です。

ツヤのある濃い緑のサヤ、その中のふっくらとした淡緑色の豆は、塩茹でしてサラダや、素揚げでおつまみとしても楽しめます。一寸豆は、サヤから出すと時間とともに新鮮さが失われてしまうので、ゆでる直前に出すのが美味しくゆでるコツといえます。おかずからおやつとしても色々楽しめる、春の野菜をぜひ味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]