素材のおはなし

ルビーグレープフルーツ

二つに割ったときのみずみずしく爽やかな香りと、赤く輝く果肉は、その名の通り宝石のように目を引き付けます。

亜熱帯を原産とする柑橘類で、爽やかな甘酸っぱさが人気のグレープフルーツは9世紀初めにアメリカのフロリダに導入されました。果実が枝にブドウの様に房状に実るのでこの名が付いたようです。一般的に 果肉の色によって分類され、大まかにホワイト種、ピンク種、ルビー種などに分けられます。ルビー種はピンク種から変異したものだと言われていて、赤みがかったピンク色をしているので「ルビー」と名付けられました。

ルビーグレープフルーツが一際目を引くのは、やっぱりあの瑞々しく鮮やかな赤みを帯びた果肉。つい見入ってしまいます。そのなんともいえない魅力的な色味も楽しみの一つと言えるのではないでしょうか。口あたりの方は爽やかでいて、ホワイト種よりも酸味が控えめなので、ジワッとまろやかな甘みが味わえるのが特徴です。ホワイト種が「さっぱり爽やか」ならルビー種は「甘さほんのり」といった感じです。

瑞々しい状態で保存するには、ビニール袋に入れて冷蔵庫に。半分余ってしまった場合などは、断面にラップをかけて早めにお召し上がりください。又、表皮にしみがついた様なものがありますが、特に味に影響はないようです。

今日ではお店で一年中見かけるものですが、春から夏にかけて、特に4~6月は生産量とともに美味しさもピーク。太陽を一杯浴びて色づいた、爽やかな甘みを旬のこの時期に味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]