ハウス救出作業

2月から3月にかけて北海道農場のあるここ倶知安町では連日の降雪によりピーク時にはハウスがすっぽりと雪に覆われてしまいました。しかしそんな雪のピークも過ぎたので現在は春に向けて苗をそだてるためにハウスの救出作業を行っております。

画像に黒く見えるのは「炭」!太陽の光を吸収してくれて雪解けを助けてくれるんですね。おまけに土地にも帰ってくれるのでとってもすごいやつなんです。そんな北海道農場からは来月までは「キタアカリ」の出荷が続きます。この時期のおいもが一番あまくて美味しいんですよ!店頭で見かけた際はぜひご賞味ください。

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場では積雪もあり、ぐっと寒くな[続きを読む]

12月六角農場の風景

12月の六角農場では金時人参などの冬野菜の収[続きを読む]

丹波農場のアイコトマトが色づいてきました

丹波農場で栽培されているミニトマトが色づきは[続きを読む]

京北農場のECOいちごの出荷が始まりました

京北農場で栽培されているECOいちごの出荷が[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地ものとして白菜、赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場ではスイスチャードやサラダわ[続きを読む]

丹波農場のミニトマトは11月下旬にお目見え予定です

丹波農場で栽培されているアイコトマトなどのミ[続きを読む]

今年のECOいちごは12月上旬販売開始予定です

八百一の郷・京北農場で栽培されている八百一オ[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では露地では赤かぶやタアサイ[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では九条ねぎや温室のいちごの[続きを読む]