ハウス救出作業

2月から3月にかけて北海道農場のあるここ倶知安町では連日の降雪によりピーク時にはハウスがすっぽりと雪に覆われてしまいました。しかしそんな雪のピークも過ぎたので現在は春に向けて苗をそだてるためにハウスの救出作業を行っております。

画像に黒く見えるのは「炭」!太陽の光を吸収してくれて雪解けを助けてくれるんですね。おまけに土地にも帰ってくれるのでとってもすごいやつなんです。そんな北海道農場からは来月までは「キタアカリ」の出荷が続きます。この時期のおいもが一番あまくて美味しいんですよ!店頭で見かけた際はぜひご賞味ください。

8月北海道農場の風景

いよいよスイートコーンの収獲も迫ってまいりま[続きを読む]

7月北海道農場の風景

7月の北海道農場ではようやく良い季節がやって[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では夏の定番野菜の出荷をはじめ[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では暑い中、賀茂茄子をはじめと[続きを読む]

6月六角農場の風景

6月の六角農場では賀茂茄子が徐々に実を大きく[続きを読む]

6月丹波農場の風景

6月の丹波農場ではズッキーニやエンサイの収穫[続きを読む]

6月前半丹後農場の風景

初めて栽培に挑戦したエゴマをはじめカラーピー[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場は今期終了間近のいちごの収穫や[続きを読む]

5月六角農場の風景

六角農場ではじゃがいもの花が咲き、バジルも地[続きを読む]

4月下旬丹波農場の風景

4月の丹波農場では施設でトマトが実り、来作の[続きを読む]