素材のおはなし

デコポン

濃厚でコクのある甘みとシャキシャキとした歯ごたえ。みかんの王様と言われ、なんとも愛嬌のあるヘタの部分が特徴のデコポンは、1972年、長崎県で生まれました。「清美タンゴール」と「中野3号ポンカン」という二種類のみかんからできた、「不知火(しらぬひ)」という品種のうち、一定の基準をクリアしたものだけが、「デコポン」と呼ばれています。

一見、硬そうなごつごつとした皮は、見た目と違ってむきやすく、中の皮は薄いので袋のまま食べることができ、種もほとんどありません。収穫時期は、ハウス栽培のものが12~2月頃まで。3月頃から露地栽培のものが出荷されると、価格も落ち着いて、味もさらに美味しくなります。デコポンの特徴である、ヘタの部分が出ていないものもありますが、味に特にかわりは無いようです。

熊本県産が全国の半数を占めるこのデコポン。これからの時期に是非お試しください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]