素材のおはなし

ソルダム

ソルダムは、スモモの一品種で、二十世紀の初頭にアメリカから導入されました。日本では大石早生に次いで多く栽培され、初夏から夏のこの時期にかけて、旬の果物です。
果皮が緑色を帯びているので、一見まだ食べるには早いような気分になりますが、中の果実は濃赤色で、日持ちもよく、甘味と酸味のバランスが良いのが特徴です。完熟したものは、乾燥しないように袋などにいれて冷蔵庫で保存するとよいです。
完熟する前の、カリッとした心地よい歯触りと、さわやかな酸味を味わうもよし、常温で追熟させて酸味も抜けたジューシーな甘みを味わうもよし。お好みのタイミングで、ソルダムの味を味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]