素材のおはなし

ゼネラルレクラーク

大きな日本梨のにっこり梨に続いて、今回は西洋の大きな梨をご紹介します。西洋梨といえばラ・フランスが思い浮かびますが、最近ではさまざまな品種の西洋梨がみられるようになりました。一玉が約500gにもなるこの西洋の大きな梨は、フランスが原産です。生産量が少なく、幻の梨として人気のある「ドワイエネ・デュ・コミス」という西洋梨の、自然交雑から誕生したと言われています。
ゼネラルレクラーク独特の茶色い果点の多い果皮は、熟すと果皮が黄色くなり、甘い香りが漂います。西洋梨といえば、あのとろけるような食感。ゼネラルレクラークも、ねっとりとした滑らかな食感は同じく、トロリとした果汁とともに、適度な酸味と豊かな甘みを楽しむことができます。
西洋梨は日本梨とは違い追熟させて食べます。20度前後の室内や、りんごと一緒にビニール袋に入れて保存します。指でそっと押してみてやわらかく感じたら食べごろです。日本梨とはまた違った食感と、濃厚な甘味をぜひ味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]