素材のおはなし

ジョナゴールド

「一日一個のりんごは医者を遠ざける」「りんごが赤くなると医者が青くなる」。りんごは昔からこんな諺やいわれがある程、世界中で、栄養価が高い果物として重宝され、さまざまな品種が作りだされてきました。日本で現在のようなりんごが栽培され始めたのは、明治にはいってからといわれています。

ジョナゴールドは、ゴールデンデリシャスと紅玉を交配し、1943年にアメリカの農業試験場で誕生したりんごです。

日本へは1970年から導入され、栽培が行われるようになりました。風味はやや紅玉に似ていますが、甘味と酸味のバランスがとれていて瑞々しく、口当たりの良いシャリシャリとした歯触りが特徴です。

旬の時期の、実が締まって瑞々しいジョナゴールドは、そのまま食べたりジュースにしたりするもよし、お菓子やお料理などにもぴったりなので是非どうぞ。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]