素材のおはなし

ゴールデンパイン

パイナップルは、ブラジルが原産地と言われ、日本にはオランダ船によって江戸時代にはいってきました。現在の日本では、主にフィリピン産のパインが多くみられます。そんな中でゴールデンパインは、トマトジュースやケチャップなどでおなじみの、デルモンテ社が独自に改良した品種のパイナップルです。

果肉が濃い黄金色をしていて、熟度が高いので甘みが強く、香りも豊かで、ジュースなどにも使われています。

以前のパイナップルといえば、外側の皮が青みをおびたものは、果肉も硬くしぶいので、追熟させることが必要なものもありました。しかし、時間をかけて育てられ、収穫されたゴールデンパインは、完熟の状態で出荷、輸入されるので、すぐにでも完熟したパインの、濃厚な甘さを味わえることができます。

カットしてそのまま食べるのもよし、肉料理に添えたりジュースにしたりなど、色々なレシピで濃厚な甘さを堪能してみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]