キタアカリの出荷が最盛期です!

12月から1月にかけて北海道農場のある倶知安町では連日のように雪が降り寒い日が続いています。

毎年のことですが明け方はマイナス20度を超える日もしばしば・・・そんな日は自分のはく息が顔にかかり瞬時にその水分で顔がぱりぱりになっていく感じが分かるんですよ。もう外にいるだけで顔が痛いんです。本当に寒いんです。

一年のうち6か月は雪に閉ざされるこの凍てつく大地での恩恵は格別のものがあります。現在北海道農場ではキタアカリの出荷が最盛期をむかえております。北の凍てつく大地でよく寝かせたキタアカリ是非ご賞味ください。

3月六角農場の風景

3月の六角農場では冬の名残りの野菜もありつつ[続きを読む]

3月丹波農場の風景

3月の丹波農場では菜の花がよく育っているのを[続きを読む]

2月六角農場の風景

2月の六角農場では葉つきの人参がよく育ってい[続きを読む]

2月丹波農場の風景

2月の丹波農場では各種ミニトマトのほかにカー[続きを読む]

1月丹波農場の風景

1月の丹波農場では施設内でのハーブやミニトマ[続きを読む]

1月六角農場の風景

六角農場内のハウス施設にもいちごが実り始めま[続きを読む]

12月丹波農場の風景

丹波農場ではタアサイや辛味大根、花菜など冬の[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場ではカーボネロやケールなどの[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場ではスイスチャード、わさび菜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではまだまだ日本では多く出回[続きを読む]