キタアカリの出荷が最盛期です!

12月から1月にかけて北海道農場のある倶知安町では連日のように雪が降り寒い日が続いています。

毎年のことですが明け方はマイナス20度を超える日もしばしば・・・そんな日は自分のはく息が顔にかかり瞬時にその水分で顔がぱりぱりになっていく感じが分かるんですよ。もう外にいるだけで顔が痛いんです。本当に寒いんです。

一年のうち6か月は雪に閉ざされるこの凍てつく大地での恩恵は格別のものがあります。現在北海道農場ではキタアカリの出荷が最盛期をむかえております。北の凍てつく大地でよく寝かせたキタアカリ是非ご賞味ください。

6月前半丹後農場の風景

初めて栽培に挑戦したエゴマをはじめカラーピー[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場は今期終了間近のいちごの収穫や[続きを読む]

5月六角農場の風景

六角農場ではじゃがいもの花が咲き、バジルも地[続きを読む]

4月下旬丹波農場の風景

4月の丹波農場では施設でトマトが実り、来作の[続きを読む]

4月下旬六角農場の風景

4月下旬の六角農場では種を取る用の九条ねぎの[続きを読む]

3月下旬丹波農場の風景

3月下旬の丹波農場では残り3ヶ月となったいち[続きを読む]

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]

1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場[続きを読む]

1月上旬・六角農場の風景

1月上旬の六角農場ではいよいよイチゴの収穫が[続きを読む]