カキ殻を農場に!

丹後農場では今年秋から新たにパイプハウスを6棟借り、水菜の栽培を行っています。

いまやサラダに入れる野菜として定番になりつつありますが、シャキシャキした食感は生でもお鍋に入れたりと火を通してもおいしくいただけます。冬、雪に覆われる丹後地域でも冬の作物としてハウス水菜の栽培は盛んに行われています。丹後農場では海が近いという事もあり、カルシウムとミネラル補給として、畑にカキ殻を入れて味の濃い水菜を作れるように日々作業に励んでいる最中です。

丹後農場の水菜は2月半ばくらいまで出荷出来る予定です。もうすぐ雪が積もり、気温が低くなるとだんだん甘く、みずみずしくなりますので、店頭で見つけた際はぜひご賞味ください。

丹後12_main

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]

6月丹波農場の風景

丹波農場ではミニトマトの収穫ピークも越しつつ[続きを読む]

6月六角農場の風景

六角農場では旬の賀茂茄子が少しずつ大きくなっ[続きを読む]