エコな馬鈴薯、キタアカリ。

12月から1月にかけてここ北海道農場のある倶知安町では2メートルを超える積雪があり、毎日除雪作業に追われ気温がマイナス20℃になることもしばしあります。そんな北海道農場ではキタアカリの出荷が最盛期をむかえております。このキタアカリ、他の品種よりもカロテンやビタミンが多く含まれており、なんといっても火の通りが早いので調理時間が短く、当然ガス代の節約にも一役かってくれるエコな馬鈴薯なんです(笑)。

みなさんも一度は口にしたことがあると思いますが、じゃがバター・・・これを北海道ではバターではなく塩辛をのせて食べるんです。お酒のつまみに、子供のおやつに、また晩御飯のおかずにとごく普通に食べております。道外の方はみんな口を揃えて「ほんと?」と驚かれますが「なまらうまいんです」(北海道弁ですごくおいしい)。
皆さま店頭でお見かけした際は是非一度、北海道農場から届いた「キタアカリ」お試しください。

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では、露地作物は月初からの赤[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場では、農場の外周に植えた柿の[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では施設や露地共に秋冬の作物[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では秋冬の作物が少しずつ大き[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場ではオクラや万願寺とうがらしが[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では冬の作物の準備を進めていま[続きを読む]

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]