イチゴの栽培を始めました。

先日露地栽培の冬作のお野菜についてご紹介しましたが、温室でも、これからの季節に向けて、イチゴを定植しました。定植したのは、大きな粒で、糖度が高くコクがある「紅ほっぺ」と、上品な鮮紅色で、まろやかな酸味のある「やよいひめ」です。収穫できるのは1月ごろの予定です。

またミニトマトも、春夏とつくっていた「あまっこ」に加え、「アイコ」を定植しています。
こちらは、一番果がそろそろ色づき始めるころです。

収穫した作物は本館内のレストラン及び1Fの八百一の店舗でも販売する予定です。収穫は少し先になりますが、是非ご賞味ください。

3月下旬・六角農場の風景

六角農場の露地では花菜、わさび菜の収獲や春作[続きを読む]

2月下旬・丹波農場の風景

2月下旬から3月にかけての丹波農場では冬作の[続きを読む]

1月下旬・丹波農場の風景

1月の丹波農場では、何十年ぶりかの大雪で圃場[続きを読む]

1月上旬・六角農場の風景

1月上旬の六角農場ではいよいよイチゴの収穫が[続きを読む]

12月後半・丹波農場の風景

丹波農場・施設における冬場の最大の課題はやは[続きを読む]

ichigo

11月下旬から12月の丹波農場の風景

この時期の丹波農場の施設ではミニトマト、いち[続きを読む]

tango201611-1

11月後半・丹後農場の風景

11月後半の丹後農場ではオレンジ色のカリフラ[続きを読む]

DSC_0148

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場では、9月中下旬に定植したイ[続きを読む]

tanba10_3

9月下旬丹波農場の風景

9月下旬の丹波農場では、11月下旬頃から収穫[続きを読む]

201609tanba2

8月下旬から9月上旬丹波農場の風景

8月下旬の丹波農場は好天続きで雨が降らない日[続きを読む]