素材のおはなし

アールスメロン

麝香のような豊かな芳香をもつことから、マスクメロンとも呼ばれるこのメロンができたのは、19世紀末のイギリスです。

アールスフェボリット、伯爵のお気に入りという意味のこの名前は、イギリス貴族の農園で栽培されていたことが由来となっています。

まるい果実の表面には網目もようがあり、果肉は、やさしい黄緑色で香り高く、ジューシーな果汁、糖度が高いことが特徴です。メロンの表面にある網目もようができるのは、果肉のほうの成長が早くなって、表皮の部分がひび割れ、そこを修復しようとしてコルク液が染み出てくることでできたものです。

高級メロンの代名詞とも言われるアールスメロン。香りはもちろんのこと、口のなかでとろけるような甘さと食感をぜひ味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]