素材のおはなし

アイコ

細長いラグビーボールのような形が特徴のアイコ。糖度が8~9度以上と、甘みがたっぷりのミニトマトの一種です。肉厚な果肉を持ち、中の実のゼリー部分が少ないので、ミニトマトをかじったときに飛び出す果汁が少ないのが特徴です。果肉も緻密で、コクのある甘みとおいしさが味わうことができます。ここ2、3年で栽培する農家も増え、育てやすさも相まって、家庭菜園などでも人気のあるミニトマトです。
普通のミニトマトとはちょっと違う、フルーツのようなジューシーな甘さをもつアイコ。サラダはもちろんのこと、その甘みをいかして、ジュースやジャムなどで、アイコの甘みを味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]