もうすぐ新米が店頭に並びます

京北農場では予定通り9月10日に稲刈りを行いました。5月10日に田植えを行い、4ヶ月が経ちました。小さかった苗も上桂川の清流と山国地方の自然ですくすくと育ち見事な黄金色の穂を付けました。機械で刈り取られた穂は、大体25%ほどの水分を持っています。それを約15%になるまで機械で乾燥し、籾殻を除けば、いつも皆さんが目にしている、玄米に仕上がります。京都八百一本館で「山国米」として販売がされています。もうすぐこの新米が店頭に並びますので一度ご賞味ください。

京北

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]