まるでアナログレコードのような形をしています

丹波農場冬野菜の代表格の一つ、ターサイの収獲が始まっています。ターサイはアブラナ科の野菜で、濃緑色の葉が何枚も放射状に生えているのが特徴です。栽培期間中の気温が高いと一枚一枚の葉が大きく上へと起き上がる様に成長しますが、逆に寒いと一枚一枚が小さく地面にへばりつくように広がり、まるでてっさの様です。青菜ですので幅広い用途でお使い頂けますが、小松菜やチンゲン菜とも異なる風味です。現在は霜にも何度かあたり、霜降り(寒締め)ターサイとなりより美味しくなっています。

施設ハウスでは、いちご(やよい姫)の収獲が始まっています。クリスマスシーズンのこの12月にたくさん出荷できるように、夕方暗くなると電照をつけて日照時間を長くし、いちご達に春を感じさせています。そうは言っても実際は寒い冬ですので気温は低いのですが、その方がイチゴは甘みが増えるのです。今年も可愛くて美味しいいちごができました。是非お召し上がり下さいませ。

tanba12_m

12月六角農場の風景

12月の六角農場では洋野菜がぐんぐん成長して[続きを読む]

12月丹波農場の風景

12月の丹波農場ではいちご(やよいひめ)の収[続きを読む]

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]