ふかふかの土にするために

丹後農場では昨年に引き続き、秋から冬にかけて水菜の栽培を続けています。
今年は土に空気を入れる為、もみがらを大量に入れています。こうする事によってハウスの土はフカフカになり、細かい根もたくさん張るようになるのです。さらにもみがらにはケイ酸が多く含まれます。ケイ酸は作物を丈夫にしたり、甘みを強くする働きがあるといわれています。気のせいか昨年の水菜よりシャッキリしている気がしないこともないです。もちろん去年と同じく海からのミネラル、牡蠣殻もしっかり入れています。

こうして土から作り込んでいる水菜ですが、二回目の播種分が間もなく店頭に並びます。寒くなるほど甘みが増してきますので、是非一度お試しください。

mizna2014_m

12月丹波農場の風景

丹波農場ではタアサイや辛味大根、花菜など冬の[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場ではカーボネロやケールなどの[続きを読む]

11月六角農場の風景

11月の六角農場ではスイスチャード、わさび菜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではまだまだ日本では多く出回[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では肌寒い日や温かい日など気[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では終了間近の夏の作物の出荷、[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では次の季節の準備と終了間近の[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場では露地の作物とあわせてハウス[続きを読む]

8月六角農場の風景

8月の六角農場では夏野菜が盛りだくさんです。[続きを読む]

7月 丹波農場の風景

7月の丹波農場では、露地ではゴーヤの花が咲き[続きを読む]