ふかふかの土にするために

丹後農場では昨年に引き続き、秋から冬にかけて水菜の栽培を続けています。
今年は土に空気を入れる為、もみがらを大量に入れています。こうする事によってハウスの土はフカフカになり、細かい根もたくさん張るようになるのです。さらにもみがらにはケイ酸が多く含まれます。ケイ酸は作物を丈夫にしたり、甘みを強くする働きがあるといわれています。気のせいか昨年の水菜よりシャッキリしている気がしないこともないです。もちろん去年と同じく海からのミネラル、牡蠣殻もしっかり入れています。

こうして土から作り込んでいる水菜ですが、二回目の播種分が間もなく店頭に並びます。寒くなるほど甘みが増してきますので、是非一度お試しください。

mizna2014_m

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]

6月丹波農場の風景

丹波農場ではミニトマトの収穫ピークも越しつつ[続きを読む]

6月六角農場の風景

六角農場では旬の賀茂茄子が少しずつ大きくなっ[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では、ミニトマトの収穫ピーク期[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場では夏にむけての商品の栽培が本[続きを読む]

4月六角農場の風景

六角農場ではサラダにおいしいロメインレタスや[続きを読む]

4月丹波農場の風景

丹波農場では今月から新戦力の新入社員を迎え、[続きを読む]