素材のおはなし

びわ

初夏が旬のびわは、中国南西部を原産とする果物です。
日本では、奈良時代の文献にもびわの記述が残っていますが、現在のような大きさのびわが、本格的に栽培されるようになったのは、江戸時代末期に中国の品種が入ってきてからのこととされています。
やわらかなうぶ毛につつまれた、果皮が特徴のびわは、瑞々しさと、独特のさっぱりとした甘さが魅力です。びわの風味をより味わうには、常温で食べる事をおすすめします。冷やすなら、食べる直前に2時間程。あまり日持ちはしませんが、保存するなら、直接日の当らない、風通しの良い涼しい場所に保存するのが良いです。
夏の初めの短い時期だけ、お店に並びはじめるびわは、季節を感じる事のできる果物。さっぱりとした甘味とほのか香りは、梅雨の季節にもおすすめですので、ぜひ味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]