素材のおはなし

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻のきのこ」とも言われる、はなびら茸。ふるふるとしたフリル状で小さなサニーレタスのような見た目が特徴です。
天然のものは、日本の国土のなかでも比較的寒い地域で夏から秋にかけて松などの切り株などに発生します。現在では栽培の技術が進歩し、人口栽培されたものが市場に流通しています。
食味はこりっと歯切れがよく、きのこ特有の香りもほとんどありません。クセがないので和風のおひたし等からパスタの具材にまで幅広く使って頂けます。もちろん中華風の炒め物にもぴったり。

ぜひ一度、はなびら茸特有の歯触りをご賞味下さい。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]