ニュース

とろとろでプルンとした食感がくせになります

京都では昔から「だいしろ」と呼ばれる江戸柿(代白柿)が市場に出回ってきました。皮がはちけそうなくらいに熟れ熟れになってから冷凍庫に入れ、半凍りになったところで食べると果肉のプルプルしたゼリー状の食感も楽しめるのでおすすめです。ただいくらトロトロで甘くなったとはいえ不完全渋柿。ジャムなどの加熱調理をしてしまうと渋が戻ってしまいますので、お気をつけください。

img_0891

 

img_0908

料理の準備も楽しい春野菜です

この時期おすすめの野菜はやはり春のお豆。色々[続きを読む]

これから産地リレーが始まります

和洋中と使い勝手のよいアスパラガス。現在、店[続きを読む]

みかんの皮を再利用

そろそろ大型の柑橘も出始め、ふつうのみかんも[続きを読む]

本日22日は冬至です

今年も冬至がやってきました。ゆず湯や南瓜の準[続きを読む]

丹波農場の赤かぶを使って

丹波農場で栽培された立派な赤かぶ。葉っぱも立[続きを読む]

ラ・フランスの時期到来です

西洋梨で一番有名といっても過言ではないラ・フ[続きを読む]

和栗のブランド・丹波くり

大粒で香りよく甘みがある丹波くり。京都の丹波[続きを読む]

名前の通り、極早生の柿です

色味がとても美しい早秋柿。扁平をしており果頂[続きを読む]

早生みかんが出始めました

本格的なシーズンに先駆けて出回る早生みかん。[続きを読む]

まるまるした豊水梨がおいしい時期です

幸水梨の次に出回る豊水梨がおいしい時期に入り[続きを読む]