ニュース

とろとろでプルンとした食感がくせになります

京都では昔から「だいしろ」と呼ばれる江戸柿(代白柿)が市場に出回ってきました。皮がはちけそうなくらいに熟れ熟れになってから冷凍庫に入れ、半凍りになったところで食べると果肉のプルプルしたゼリー状の食感も楽しめるのでおすすめです。ただいくらトロトロで甘くなったとはいえ不完全渋柿。ジャムなどの加熱調理をしてしまうと渋が戻ってしまいますので、お気をつけください。

img_0891

 

img_0908

あけましておめでとうございます

かぶの甘みがじんわりしみ出した滋味スープがおすすめ

寒くなってきてスープがおいしい時期。オーブン[続きを読む]

ケールはサラダやソテーにもおすすめです

丹波農場で栽培されたケールが少量ですが店頭に[続きを読む]

赤黒い表皮が特徴の秋映りんごです

真っ赤というよりも赤黒い表皮を持っている秋映[続きを読む]

茎が筒状なので筒菜といいます

夏場に八百一の郷で栽培されている茎の部分が空[続きを読む]

この時期だけの珍しい葉とうがらしです

夏の終わりに少しだけ出回る葉とうがらし。京都[続きを読む]

今だけの北海道農場産アスパラガス

八百一の郷・北海道農場から短い期間ですがアス[続きを読む]

手軽でシンプルな調理法で

4月あたりから来月あたりまで店頭に並ぶそら豆[続きを読む]

料理の準備も楽しい春野菜です

この時期おすすめの野菜はやはり春のお豆。色々[続きを読む]

これから産地リレーが始まります

和洋中と使い勝手のよいアスパラガス。現在、店[続きを読む]