素材のおはなし

せとか

品種として登録されたのは、平成10年。まだまだ歴史は浅い新品種ですが、独特の食感と甘みが特徴の、これから注目の魅力的な蜜柑です。

せとかは清美タンゴールとアンコールを掛け合わせたものに、マーコットを交配し、育成してできました。交配に使われたアンコールとマーコットという二種は生産量が少なく、幻の蜜柑ともいわれ、高品質品種なこの二種から豊かな香りや甘みを受け継ぎました。

一番外側の果皮はうすく、果実のしまりはよいですが、皮はむきやすいです。種はほとんど無く、中のじょうのうと呼ばれる袋が薄くて柔らかいので、口に残りにくく、そのままジューシーで深みのある甘い果肉を味わうことができます。

蜜柑とオレンジの良いとこどりのせとかを是非一度ご賞味ください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]