素材のおはなし

ずいき

ずいきは里芋の葉柄、茎の部分を食べる野菜です。赤ずいき、白ずいき、青ずいきなどの種類があり、茹でた後の独特の歯触りと、くせの無いさっぱりとした味で、古くから親しまれてきました。

漢字で書くと芋茎。この、ずいきという名前の由来は、南北朝時代の頃のお坊さんの歌からきていると伝えられています。

里芋自体は、温暖で日当たりも良く、水分の多い粘土質の土地を好むこともあり、東南アジアが原産。日本には縄文時代に中国から伝来したと言われています。古くから栽培されてきた野菜ですが、主に食べられていたのは、芋の部分で、ずいきが食用にされるようになったのは、戦国時代、保存の為に乾燥させて非常食として利用されてからのことだと言われています。

ずいきにはアクがあるため、そのままではえぐみを感じたりするので調理の際、水に半時間ほどさらしておくなどして下準備をしておくと良いです。

野菜のなかでは少し地味な存在のずいきですが、煮物や酢の物、和えものなどで日本ではなじみのある食材です。

旬のこの時期にぜひご賞味ください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]