ニュース

この時期だけの珍しい葉とうがらしです

夏の終わりに少しだけ出回る葉とうがらし。京都ではきごしょうとも呼ばれ、古くから愛されています。

食べ方としてはまず茎から葉をとり下ゆでします。水気をよく絞って刻み、ごま油で炒めてお酒やみりん、お醤油で味付けます。
ごまをたくさん入れると風味よく仕上がるのでおすすめ。お茶漬けや熱いご飯にぴったりです。

夏の終わりの京都の味、お楽しみください。

 

 

暑い日にぴったりの大粒ぶどうの食べ方です

巨峰やピオーネなど大粒のぶどうがおいしい季節[続きを読む]

瑞々しい新しょうがはシロップづくりにぴったりです

土生姜にくらべ、水分を多く含んでいる新しょう[続きを読む]

香りの良い国産のパッションフルーツはそのまま食べても

春先から初夏にかけて出回る国産のパッションフ[続きを読む]

ずっしり食べ応えアリの甘夏です

柑橘類がより取り見取りの今の季節、暖かい日に[続きを読む]

ふわふわの白い部分と果肉を一緒に味わう日向夏です

先入観で「柑橘の白い部分は取り除かねば」と思[続きを読む]

洋風のおかずにもおすすめの菜の花です

本格的に暖かくなるまでが旬の菜の花は胡麻和え[続きを読む]

香りが良い日本の柑橘・土佐文旦です

パッと見、大きなグレープフルーツのような日本[続きを読む]

八百一の郷のカーボロネロがおすすめです

まだ日本ではそこまで広く流通していないカーボ[続きを読む]

かぶの甘みがじんわりしみ出した滋味スープがおすすめ

寒くなってきてスープがおいしい時期。オーブン[続きを読む]

ケールはサラダやソテーにもおすすめです

丹波農場で栽培されたケールが少量ですが店頭に[続きを読む]