お鍋にもおいしい菊菜です

今月の丹後農場からは「春菊」について紹介させていただきます。丹後農場での春菊の栽培は平成19年から挑戦していますがなかなか満足できるものが作れておらず挑戦の日々が続いています。栽培についてはまず種を蒔き、苗を育ててそれを畑に移植して育てます。春菊は特に湿気に弱いので日々の温度管理と水分管理がポイントで天気に合わせてこまめに管理を行っていきます。そして草丈を伸ばして草丈の長さが25cm以上になったものを選んで収穫をしていき出荷調整時に一律25cmの長さに切りそろえ袋詰めを行います。今年はまだ寒い日が続いておりますので鍋ものやすきやき、卵とじやおひたし等のお料理で春菊独特の風味を味わっていただければと思います。

丹後02_m

11月六角農場の風景

京都市内もかなり冷え込んできましたが、六角農[続きを読む]

11月丹波農場の風景

11月の丹波農場では昨年より1ヶ月ほど早く霜[続きを読む]

10月丹波農場の風景

10月の丹波農場ではいちごの花が咲いてきたり[続きを読む]

10月六角農場の風景

10月の六角農場では落花生の収穫をはじめケー[続きを読む]

9月丹波農場の風景

9月の丹波農場では色々な秋冬野菜の育苗、定植[続きを読む]

9月六角農場の風景

9月の六角農場では秋冬野菜の定植が始まりまし[続きを読む]

9月北海道農場の風景

短い夏も終わり収穫のピークを迎える北海道農場[続きを読む]

8月丹波農場の風景

8月の丹波農場ではシーズン後半から出回る夏野[続きを読む]

8月六角農場の風景

8月の六角農場では時期の長い夏野菜に加えて夏[続きを読む]

8月北海道農場の風景

いよいよスイートコーンの収獲も迫ってまいりま[続きを読む]