おいしいカラーピーマンを今年も栽培できますように・・・

今年の丹後は雪も少なく、早く春が到来しそうです。そうなるといよいよ種まきの時期がやってきました。丹後農場の一番早い種まきは挑戦2年目のカラーピーマン(プチピー)です。このカラーピーマン、昨年同様、赤、黄色、オレンジと非常にカラフルな顔ぶれです。

収穫時期になると畑一面、緑の葉っぱの中でカラーピーマンの小さな実が段々色づき、美しい風景が広がります。そんな中できたピーマンはとても甘く、肉厚でみずみずしいのが特徴です。丹後農場ではキズが入った物を選果場の前の無人市で販売しているのですが、昨年1シーズンのうちにみるみる人気が広がり、収穫後半になると「これがないとご飯が食べれらない」というお客さんまで出てきました。

今年も人々を魅了するカラーピーマンを作れるよう、今はしっかり苗を作る期間です。まだ気温が低いため、ハウスの中で温床育ちですが、芽を切ってからはひ弱にならないよう細心の注意を払う必要が出てきます。その為、急激に晴れ間や寒い北風が吹けば、すぐに苗の顔色を見に行く作業が4月いっぱい続きます。今年もより多くの方に美味しいカラーピーマンを食べてもらえるように精一杯育てますので店頭で見かけられたら是非一度ご賞味下さい。

tango_main

6月前半丹後農場の風景

初めて栽培に挑戦したエゴマをはじめカラーピー[続きを読む]

tango201611-1

11月後半・丹後農場の風景

11月後半の丹後農場ではオレンジ色のカリフラ[続きを読む]

tango2016082

8月上旬丹後農場の風景

8月初めの丹後農場では初めて栽培するこふき南[続きを読む]

tango05_m1

5月下旬丹後農場の風景

5月下旬の丹後農場では先月に定植したロメイン[続きを読む]

tango1604_m3

丹後農場4月中旬の風景

丹後農場では約9000本ものナスの苗を育てた[続きを読む]

201604tango01

3月下旬丹後農場の風景

3月下旬の丹後農場ではカラーピーマンの鉢上げ[続きを読む]

201603tango_m1

3月中旬丹後農場の風景

3月に入り未だ若干雪の残る丹後ですが例年にな[続きを読む]

tango09_m

小さな芽が大きくなってきました

皆様こんにちは。八百一の郷丹後農場です。 今[続きを読む]

tango08_m

金糸瓜、別名そうめん南瓜です

長かった梅雨がようやく明け夏本盤を迎えました[続きを読む]

丹後7_m

すくすく育った坊ちゃん南瓜

今回、丹後農場から紹介する作物は坊ちゃん南瓜[続きを読む]