素材のおはなし

いよかん

いよかんは明治時代に山口県で発見された、日本原産の柑橘類です。発見された土地の地名「穴門」から「穴門蜜柑(あなとみかん)」とも呼ばれていたこの蜜柑は、明治のなか頃に愛媛県で栽培されるようになり、当時の国名であった、伊予の国にちなんで、現在の伊予柑の名前で呼ばれるようになったといわれています。現在でも、愛媛県では温州みかんとならぶ、代表的な柑橘で、全国でも主産地として知られています。

艶のある皮におおわれた大きな果実は、柔らかくとてもジューシーです。甘みと酸味のバランスがとれ、皮を剥いた時に広がる香りがとても豊かなのが特徴です。品種としては普通伊予柑、宮内、勝山などがあり、なかでも宮内伊予柑は盛んに栽培されています。

1月から3月頃まで出荷されるいよかんは、旬が進むにつれて甘みも増して味も濃厚になり、美味しくなっていきます。近年、他の人気品種などに押され気味ないよかんですが、まだまだ引けをとらないコクのある味、ひろがる甘さと香りを味わってみてください。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]