素材のおはなし

いちじく

アラビアが原産と言われるいちじくは、旧約聖書にも登場する、歴史のある果物です。日本には中国を経て江戸時代に伝わりました。不老長寿の果物ともいわれ、生薬としても用いられていたようです。

いちじくは漢字で無花果と書くので、花の無い果物を思わせますが、花は実の内部にあり、食用としている部分は実は果肉ではなく、花が付く部分である花托なのです。いちじく独特の食感は花の部分によって生まれています。

保存方法は、乾燥しないようにビニール袋などに入れて冷蔵庫へ。あまり日持ちはしない果物なので、新鮮なうちに食べることをおすすめします。中が淡い赤色に熟したいちじくは、適度な甘さとさっぱりとした風味があり、そのまま食べるのも良いですが、ジャムやコンポートなどにして味わうのもおすすめです。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]