素材のおはなし

あんぽ柿

「和菓子の甘さは干し柿をもって最上とする。」和菓子の世界には、干し柿を和菓子の甘さの基準にする、という言葉があります。干し柿にすることによって糖度が増し、砂糖などが貴重だった時代、干し柿は冬のお菓子や保存食として重宝されてきました。干し柿の歴史は古く、地域によっても様々で、まだ甘柿が出回っていない時代、最初に柿が食べられはじめたのは、干し柿としてではないかといわれています。

あんぽ柿は、江戸時代に福島県の五十沢というところで開発された干し柿です。完全に乾燥させず、中の果実が半分生のようにやわらかく、しっとりとしているのが特徴です。以前は天日で乾燥させていましたが、その工程に米国で行われていた硫黄燻製が導入され、現在のあんぽ柿ができました。天日で干して乾燥させた柿を江戸時代に天干し柿(あまぼしがき)と呼んでいたそうですが、これが変化してあんぽ柿と呼ばれるようになったといわれています。

あんぽ柿は干し柿なので、風通しのよい冷暗所や冷凍庫などでも保存が出来ますが、長期にわたると乾燥が進むので、あんぽ柿独特の、食感や味が味わえる間に食べることをおすすめします。お茶請けなどにそのまま食べるのもよし、ヨーグルトや和え物など、料理に色々使ってみることもできるのでぜひどうぞ。

ロメインレタス

サラダ商材であるレタス類は夏、秋冬は根菜とい[続きを読む]

はなびら茸

他のアジア諸国では見つかりにくいことから「幻[続きを読む]

加賀太胡瓜

加賀野菜の代表格である加賀太胡瓜。普通の胡瓜[続きを読む]

黒皮小玉すいか

黒い皮に包まれた小さなすいか。よく見るとうっ[続きを読む]

紅南高

梅の実の一種である南高梅。そのなかでも表面が[続きを読む]

アプリコット

ジャムやドライフルーツで年中流通しているアプ[続きを読む]

ライム

ライムはインドからミャンマー、マレーシアなど[続きを読む]

新しょうが

熱帯アジアが原産の生姜。日本では古事記にもそ[続きを読む]

パパイヤ

南国フルーツの定番ともいえるパパイヤは、中南[続きを読む]

絹さや

えんどう豆のなかでも、さやの中の豆が小さいう[続きを読む]