「コールラビ」をご存知ですか?

11月に入りましたね。雨降りの天気が続いていますが、日に日に秋が深まり、ここ六角農場でも木々の葉が色付き始めています。

今日は、農場で育てている「コールラビ」という野菜の紹介をします。

地中海北岸地方が原産とされていますが名前の由来はドイツ語で、
「コール」はキャベツ、「ラビ」はカブの意味があり、アブラナ科の野菜の仲間です。
和名では、カブカンラン(蕪甘藍)、カブタマナ(蕪玉菜)、球茎キャベツ、と呼ばれているそうです。

まだまだ日本では、あまり知られていない野菜ですが、
日本にきたのは明治の初期頃だとされています。
食べ方が分からなかったため、なかなか広まらなかったのだそうです。
現在ではイタリアンレストランなどで、お馴染みの野菜になりつつあります。

コールラビは、
根元が球状に肥大し、その茎部を食用とします。茎部が6~8cmになった頃が収穫時です。
食感がカブや大根、味はブロッコリーに似ており甘みがあります。
サラダや焼き物、煮物、ピクルスなどの漬物にしても良いそうです。

現在、農場では緑色と赤紫色の2種類のコールラビを育てていますので、
ぜひ、ご覧になって下さいね。

8月丹波農場の風景

7月初旬の豪雨のあとは、つい先日まで毎日が猛[続きを読む]

8月六角農場の風景

六角農場では異常な暑さに負けず、野菜は成長し[続きを読む]

7月丹波農場の風景

7月の丹波農場では、例年にも増して暑い日が続[続きを読む]

7月六角農場の風景

7月の六角農場では激しい暑さのなか、夏の京都[続きを読む]

6月丹波農場の風景

丹波農場ではミニトマトの収穫ピークも越しつつ[続きを読む]

6月六角農場の風景

六角農場では旬の賀茂茄子が少しずつ大きくなっ[続きを読む]

5月丹波農場の風景

5月の丹波農場では、ミニトマトの収穫ピーク期[続きを読む]

5月六角農場の風景

5月の六角農場では夏にむけての商品の栽培が本[続きを読む]

4月六角農場の風景

六角農場ではサラダにおいしいロメインレタスや[続きを読む]

4月丹波農場の風景

丹波農場では今月から新戦力の新入社員を迎え、[続きを読む]